診療内容について

  • 咬みあわせ治療
  • 予防歯科
  • インプラント

適正な咬みあわせを考慮したインプラント

咬みあわせは、無意識のうちに、異常かつ複雑な動きを強いながら無理やり顎をコントロールしています。
※  咬みあわせの悪さは「肩こり」「腰痛」「顔のゆがみ」などに大きく影響しています。

まずは、安心の治療体験

安心の治療体験とは?

当院のバランスビューにより、身体のゆがみが目に見えます。
適正な、咬み合わせの状態を体験・体感していただくとそのゆがみが是正された事ももちろん目に見えます。

診査診断

診査診断について

顎のズレを精密に診断します。

生活する上で自身の顎のズレの状態を知るだけでもかなり有効です。

上下顎骨全体のレントゲン写真の画像診断
上下顎骨全体のレントゲン写真の画像診断
咀嚼運動の精密検査の解析
咀嚼運動の精密検査の解析
歯型模型による顎の動きの分析
歯型模型による顎の動きの分析
歯型模型による顎の動きの分析
歯型模型による顎の動きの分析
全身のバランスの異常と重心バランスの検査
全身のバランスの異常と重心バランスの検査

治療計画

治療計画について

当院では、患者様一人一人のフルオーダーメイドです。
顎のズレを治療する為に治療計画をたてご説明いたします。

治療(患者様のご意思を尊重しながら、最適な方法を選びます)

治療計画について

一定期間内の見極め

この治療法の良いところは、一定の治療期間毎に「見極め」をしていくところです。
これにより、患者さんにとって経済的にもより最適なレベルを保ちながら保留する事も可能です。

メンテナンス(治療の進行状態を観察し、必要に応じて精密検査をします。)

調整後は様々な症状が一時的にぶり返す可能性がありますが、最低3週間は様子をみることが大切です。

プレートの場合、SETから3週間後、6週間後、12週間後の調整を経て12週(3ヶ月)を目標に顎のズレを改善します。

咬みあわせって何?
咬みあわせとは
なぜ咬みあわせが重要なの?
ゆらゆらゆれる、こころとからだ
  • 咬みあわせ治療
  • 予防歯科
  • インプラント

咬みあわせによる身体全体の健康を考える、デンタルクリニカさがら。肩こり、腰痛、手足のしびれへの治療にも有効です。

このページのトップへ戻る